よい業者の選び方

汚部屋・ごみ屋敷バスターズ TOP > よい業者の選び方

 

信頼できる業者はどうやって選ぶ?

あなたなら、どんな業者に片づけを依頼しますか? 汚部屋・ごみ屋敷問題を解決するなら信頼できる業者へ!

ハウスクリーニングや遺品整理など、住宅の片づけを行う業者は数多くいます。しかし、汚部屋・ごみ屋敷の片づけとなると、どんな業者を選べばいいのか悩んでしまうものです。汚部屋・ごみ屋敷を専門とするプロを選びましょう。こちらでは業者選びのポイントをご紹介します。

ポイント1 秘密厳守であること

汚部屋・ごみ屋敷の片づけで必須となる項目です。ごみ処理を行うとき、気になるのが近所の目。家の状態を知られたくない、作業中は大きな音を出さないで欲しい、ごみの中身を見られたくない……。このような気持ちは、誰しもが持っているものです。だからこそ、秘密を厳守してくれる業者を選ぶことが必要です。

他人に見られて困るものは当然ですが、個人情報が記載された機密書類などがある場合は、それに応じた処分をしてくれる業者を選ぶべきでしょう。

ポイント2 現地調査を行ってから見積もりを出すこと

業者によって見積もりの出し方には違いがありますが、ここで気をつけなければならないのが、電話だけで見積もりを出す業者です。電話の見積もりでは、決して正確な金額は出せません。後になって実際に現地調査を行った際に、見積もりとは違う料金を請求されるといったトラブルの原因になります。

見積もりを出す前に、必ず現地調査を行ってくれる業者を選びましょう。

ポイント3 貴重品への対応がしっかりしていること

スピードや安さのみを重視している業者にありがちなトラブルとして、大切な貴重品まで捨てられてしまうことが挙げられます。いくら作業効率を上げるためとはいえ、貴重品までごみと一緒に捨ててしまう業者は論外です。

それが必要なのか不要なのかを確かめながら、丁寧な作業を行ってくれる業者を選びましょう。

ポイント4 予算に合わせた提案ができること

ごみの片づけと言っても、部屋の一角から家一軒まで、範囲が大きく異なります。もちろん、ごみの量が多くなればなるほど費用も高くなり、時には高額になる場合もあります。また、時には業者の見積もりとお客様の予算が合わないこともあるでしょう。

業者のプランを押しつけるのではなく、お客様の予算に合わせて柔軟に見積もりを出してくれる業者を選びましょう。

ポイント5 急な場合でも対応できること

たとえば仕事の関係などで、急に引っ越しが必要な場合もあるものです。急にお客様がやってくることもあるでしょう。しかし、一般的には現地での見積もりや実作業には、数日前からの予約が必要。また、雨の日などには作業が中断してしまうことも多々あります。

急な問い合わせや作業の依頼に、どの程度まで対応してくれるのか事前に調べておくとよいでしょう。

あなたのご要望にお応えできる対応力! 汚部屋・ごみ屋敷バスターズの特徴をご紹介します

お問い合わせから作業完了までの流れ
  • お問い合わせ
  • 現地調査
  • 現地にて 無料 見積り
  • 作業範囲を決定
  • 作業開始
  • 作業完了